iPhoneのタッチパネルのすばらしさ

iPhoneのタッチパネルのすばらしさ

アップル社のiPhoneはその画期的なデザインと作りから、世界中で大ヒットしました。当時としては指で直感的にタッチするだけで操作ができるというのが目を見張るものでした。ではなぜその指でディスプレイをタッチするだけで操作ができるのでしょう。そのヒミツを紐解いてみましょう。

iPhoneは基本的な操作は指で行えるような設計となっています。そしてディスプレイ自体が指で操作ができるタッチパネルとなっている点が特徴となっています。ではそのタッチパネルを指でタッチすることで各種動作ができるのでしょうか。今ではデジカメなどの液晶ディスプレイでも指で操作ができるモデルが発売されていますが、そのタッチする方法として2つの方式があります。

iPhoneが採用しているのは静電容量方式というもので、ディスプレイとなっているタッチパネルの表面に電界をつくり、その指でタッチした位置を計算して各種動作が行えるというものです。人間は電気を通すので、そのような操作ができるのですね。要するに指で触った位置の電圧の変化した場所を感知して操作ができる仕組みです。

それに対して感圧式はタッチパネルを押す感覚で操作する方式になります。この感圧式は複雑な動作をするのには適していないと言われているので、iPhoneの感圧式は、法人携帯などの業務用としても様々なニーズに対応できるようになっています。静電容量方式の難点は、手袋などをしての操作に反応しないということですが、最近ではスマートフォン専用の手袋も発売され、その手袋をしていても操作ができるようになっています。冬などはとても便利ですね。
このようにiPhoneはより高度な操作が可能なので、法人携帯を始め、高度なニーズにも対応できる製品となっています。

    Copyright(C) iphoneが法人携帯で活躍する日 All Rights Reserved.