法人用としてもiPhoneが伸びていく理由

法人用としてもiPhoneが伸びていく理由

iPhoneのスマホを法人携帯として利用する企業が増えています。それらは前述したようにセキュリティの面など、ビジネス用としてのメリットがあるからです。現在iPhoneはDoCoMoも販売を開始し、大手3社が取り扱いをするようになりました。そのことで法人携帯の契約数を多く持つDoCoMoの法人ユーザーもiPhoneに買い替えたり、他社の携帯電話に乗り換えたりするケースが増えているそうです。

ある調査会社がリサーチしたデータによると法人名義で契約した携帯電話が約76%(2013年9月MM総研調べ)とのことです。うちスマホは約30%(同)で今後スマホに切り替える企業も増えていきそうです。このスマホを導入する企業の主な理由としては豊富なビジネス用アプリ、セキュリティ、端末の電池の持ちの良さ、パソコンとの連携などが上げられています。その一番の大きな理由がセキュリティ対策にあります。企業が一番恐れているのが不正アクセスによるデータの流出、盗難・紛失によるデータの流出。ウィルス感染などがその主な理由となっています。

このような不安を最新のiPhoneは拭い去ってくれています。万が一の時でもiPhoneをロックして追跡できたり、紛失し、どうしても見つけられない場合は「iPhoneを消去」でiPhoneの全ての設定や情報を消去できる機能もあり、アメリカのある警察署がその利用を市民に勧めるほどのセキュリティ機能となっています。このような法人携帯として利用価値があるiPhoneは今後も更なる需要が見込まれそうですね。

    Copyright(C) iphoneが法人携帯で活躍する日 All Rights Reserved.