iPhoneで高速通信ができる

iPhoneで高速通信ができる

iPhoneはアメリカアップル社が開発した携帯電話ですが、今ではスマホの代名詞として存在しています。その性能は素晴らしいものがありますが、この製品を取り巻く環境もよりiPhoneを活かすような内容になっています。それらのいくつかを紹介しましょう。

まず通信ネットワークの進化です。国内では2008年にiPhoneが導入発売されましたが、当時の携帯電話ネットワークは3Gという通信システムで、データのやりとりにおいてかなりの時間を要しました。それが現在では新しい携帯電話の通信方式が導入されています。それが第4世代のモバイル通信規格である4Gです。
その一つとしてLTEという新しい通信規格が導入されたのです。このLTEは下りの通信速度で75~100Mbpsといった高速の通信が可能となりました。ですので、外出時でも動画を見たり、高容量のアプリをダウンロードしたりできるようになりました。

それからPCの通信ネットワークであるブロードバンド通信の規格であるWiFiも対応しており、自宅や会社などでWiFi通信ができるのもiPhoneの魅力となっています。

これらは時間に制約があるビジネスシーンではとても役立つものです。動画や画像など、大容量のデータのやりとりなどがストレスなくできるようになったことで、高性能であるiPhoneをモバイルハンディPCとしてビジネスユースとして活用されるようになりました。今では法人携帯として、多くの企業にiPhoneが導入され、活躍しています。

    Copyright(C) iphoneが法人携帯で活躍する日 All Rights Reserved.