iPhoneがもたらしたもの

iPhoneがもたらしたもの

iPhoneは今までの携帯電話のイメージを翻す画期的な商品となりました。携帯電話といえば日本のお家芸とされ、多くの機能が盛りだくさんに組み込まれ、その高性能な機能が独自に進化したことにより、ガラパゴスケータイとも評されていました。それらの日本のケータイは10キーはもちろん、多くの機能を動かすキーが配置され、使う人によってはとても操作が難しいものがありました。

それがiPhoneが登場すると今までの携帯電話のイメージはガラッと変わりました。ボタンがほとんどないのです。目立つのは大きなディスプレイでした。そのボタンといえば電源ボタンとホームボタン、ボリウムコントロール、マナーモードスイッチぐらいです。他の操作はどうやってするかというとタッチパネル方式で指での操作になります。
今まで日本のタブレット型端末にもそのようなものがありましたが、専用のペンで操作するものでした。いちいちペンを取り出してやるという煩わしいものがありましたが、人間の指がペンになるという発想の画期的なものでした。しかも軽くタッチするだけで操作ができ、強く押すこともなく快適に動いてくれるのです。

しかも写真などの画像を拡大したり縮小することも親指と人差し指でカンタンにできるのです。要するに人間が持っている直感的な操作でiPhoneが動いてくれるのが驚きでした。複数の写真を見るときもページをめくるように人差し指でタッチすることで次のページに移動してくれます。

これらの操作は、人間の五感を利用し、また直感的な操作方法なので、子供からお年寄りまで問題なく使えるものでした。当然個人だけではなく、iPhoneは業務用の法人携帯としてもその操作性は大きな評価を得ました。法人携帯は業務用として画像を見る機会が多く、そのディスプレイの大きさや、PC並みの高い基本性能により、今までできなかった処理も専用のアプリでできるようになったのです。

    Copyright(C) iphoneが法人携帯で活躍する日 All Rights Reserved.